世の中には禁煙できた人と失敗した人がいます。では禁煙に成功した人が「禁煙しようと思ったきっかけ」は何なのでしょうか、それを知ればあなたもタバコをやめられるかもしれません。

タバコを折っている男性
タバコを吸っている男性

禁煙したい、という望みを持つ人の数は多いものです。
健康に害があるということはわかっている、しかしなかなかやめることができない、というのがタバコの怖さでもありますが、これらの禁煙を効果的にサポートする薬として近年注目されているものが「チャンピックス」です。
かつて、禁煙治療においての主流は、タバコに含まれる成分と同じニコチンを補充して、タバコ以外の部分からニコチンを摂取することでタバコ自体に対する渇望感やさまざまな副作用を軽減しながら禁煙をする、という方法でした。
これらの方法も一定の効果がありますが、ニコチンを摂取するという関係上それによる影響を考える必要があったり、人によっては使いづらいなどの問題を生じることもありました。
チャンピックスは、このニコチン代替療法とは全く異なる働きにより禁煙を行うという薬であり、画期的な治療の進行が期待されています。
チャンピックスは、服用し始めてから1週間で完全禁煙に入ります。
つまり、逆に言えば飲み始めてからでも1週間はタバコを吸うことができる、ということになります。
むしろこの間はしっかりとタバコを吸った方がいいという人もいるくらいなのですが、その理由はこの間に多くの人が「タバコがまずい」「タバコの味が感じられなくなった」といったような、味の変化に関する感想を抱き、結果禁煙にうまくつなげていくことができるからです。タバコを吸いたいという欲求は、禁煙してからも定期的に現れると言われているため、禁煙治療は長い目を見て治療していく必要があります。
チャンピックスは、期間の設定によってはある程度長く服用を続けるということもできるため、うまく禁煙するための薬として活用の幅があると言えるでしょう。

最近の投稿
アーカイブ